« 世界情勢とカエルの関係性について であります | トップページ | お母さんネタであります »

2008年4月26日 (土)

妄想劇場 ~強い男~

強い人が好きよ。
だからって、ただ誰かの助けを待つお姫様になんかなる気はないけど。

でもね。

いつも必ず来てくれるんだもの。
もしかして、絶対の味方なんじゃないかって気がするんだもの。
あいつには、私を助ける義理なんて無いのに。
それどころか侵略者なのに。

またいつもみたいに、助けてくれるんじゃないかと思ってしまう。
彼の名を呼べば、必ず来てくれるんじゃないかと思ってしまう。
・・・期待を裏切らないのが、にくらしいわね。

悪いけど、大人しく守られてる気はないわよ?


馬鹿みたいに自分に厳しくするのやめてよ。

「・・・ソルジャーとしてより強くならねばいかんのだ」
「あんた、もう十分強いじゃない」
「不十分だ。守りたいものを守るにはな」
「・・・守るため、なんだ」
「んあ?」
「侵略のためって言うのかと思った」
「侵略は勿論するぞ。だが・・・守りたいものはまた別にあるんだ」

守りたいものって何よ?聞きたいけど聞かない。
いいわよ、それが何だって。私の答えは変わらないから。

「何かを守るためなら、私も協力するわよ」
「おまえが!」

呆れたような顔で受け流されても、引き下がってなんかあげない。

「何よ。不満?結構いいコンビだと思わない?」
「・・・思うが。だがしかし」
「んもー、アンタごちゃごちゃ考えすぎよ」

わかんない。
あんたが何考えてるかなんて。
どうして教えてくれないの?
私が子供だから?
私が女だから?
敵だからなんて言わないでよね。

・・・嘘。本当は気付いてる。
小さな体に騙されちゃうけど、あんたは大人でソルジャーだから。
ただの女の子を戦闘に巻き込むなんて、嫌なんでしょ?
えこひいきされてる気もするけど、でもたぶんそういうこと。

私が傷付くと、ひどく辛そうな顔になる。
だけど、私のせいであんたが傷付いたら、私だってひどく辛いから。
私だってあんたを守りたいから。
体が勝手に動くのよ。
ごめんね、言うこと聞かなくて。


「やはりもっと強くならねば、な」

一瞬黙り込んだ彼が、ようやく口にした言葉はそれで。
私は、ため息をついて立ち上がるしかない。

「ギロロは、強いわよ」
「まだまだだ」
「・・・強いのよ」
「夏美・・・」
「でもね、私もただ大人しく守られてる気はないの」

これは私の宣戦布告。
負けないわよ。私だって、あんたを守るんだから。

「じゃじゃ馬め」
「ふーんだ」

「じゃじゃ馬」って言葉をこんなに優しく言うなんて反則じゃない?
頬が赤くなってる気がするのは、きっと夕陽のせいだ。

馬鹿で優しい、強い男。


FIN



ギロ夏。side 723. 超劇3後日風味。「強い女」と対になります。
当然のことのようにギロロを助けようとする夏美にもまた萌え。
隙あらば萌え。 (2008.4.26)

« 世界情勢とカエルの関係性について であります | トップページ | お母さんネタであります »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界情勢とカエルの関係性について であります | トップページ | お母さんネタであります »

妄想メイツ☆

  • Mosomate

    ケロロ軍曹でいろいろ妄想。楽しいわ~v

    妄想の末に書いたケロロSSはこちら→ 妄想劇場INDEX

WEB CLAP

  • 楽しんでいただけましたら、ぽちっとお願いします↓
    管理人の励みになります。

    久々にお礼画面のSSを更新しました。(2011.8.7)
    ほのぼの(?)クルケ口話。

リンク

  • FW

    HALCYON

    カエルドラッグ

    フェティッシュな生活

    キャラメルボックス

    有色の別室

    サイコロコロ

    Delight-log

    27.3℃

    ケロロえほん

    RED.log


    当サイトのバナーをもげさんが作ってくれました~!Thanks!
    Kerotto

    リンクフリーです。
    URL:http://kerotto-life.cocolog-nifty.com/
    管理人:けろっと
    連絡先:kerottomom☆yahoo.co.jp
     (☆→@) 何かありましたらこちらへ