« スイカでポン!であります | トップページ | ケロロランドとかであります »

2008年6月24日 (火)

妄想劇場 ~それだけは見ないフリ~

アニメ第212話「ケロロ それだけは見ないで!であります」が元ネタです。ご覧になってない方には、ネタバレ、もしくは意味不明です。すみません!



ギロロ伍長は重要機密情報回収のため、日向家リビングに忍び込んでいた。
ターゲット捕捉。
周囲に誰もいないことを再び確認すると、ギロロはリビングのゴミ箱から目的物をそっと拾い上げた。
回収完了。ミッションコンプリートだ。
ふう、と額の汗をぬぐう。

「アンタ、何してんのよ?」  真後ろ至近距離からの声。
「おわーっ、夏美!貴様、何故そこに!」
「‥‥あたしんちなんだけど」
この俺の背後をとるとは‥‥さすが夏美だ、とギロロは思う。
しかも、俺が何を回収したかも一瞬で見てとったらしい。

「何それ、さっきの写真じゃない。アンタ達が落書きした」
「も、元は俺のものだ!返してもらっても別に構わんだろ!」
「そりゃ構わないけど。いらないから落書きしたんじゃないの?」
「いらないわけあるか!」
「じゃあ何で‥‥」

それに対してギロロは何も言わなかったが、何となく夏美には察しがついた。
おそらく、あの落書きはボケガエル1人の仕業なのだろう。
俺はやってないとも言わず、いっしょに怒られた赤蛙。
友情に厚いのが、こいつのいいところよね。

「ちょっと待ってて」

夏美にそう言われれば、大人しく待つしかない。
うう、早いところこの写真を夏美の目に触れぬ場所に移動したいのだが‥‥。

数分後、戻ってきた夏美は「はい」とギロロにそれを手渡した。
「これは‥‥」
「もう一度あげる」

それはまさに、落書きで台無しになったものと同じ、夏美とギロロの写真だった。
「‥‥すまん」
「今度は大事にしてよね」
「ああ」

クシャクシャになった落書き付きの写真と、貰ったばかりの新しい写真を大事そうに持つと、ギロロは自分のテントへ戻ろうとした。

「ねえ、またアレ書くの?」

去り際に背中にかけられた言葉に、恐る恐るギロロは振り返る。

「な、夏美?何か言ったか?」
「別にー。おやすみって言っただけ」
「そ、そうか!お前も、ゆっくり休め!」

自分の書いたあの相合い傘に彼女が気付いたのか気付いていないのか‥‥百戦錬磨の機動歩兵にも、確かめる勇気は無かった。


FIN



ナッチーは全てまるっとお見通しだけど見ないフリしてくれたとか、そういうあり得ない妄想。
二人ともカメラ目線の写真だったから、元データは日向家にあるんじゃないかな。おうちプリントできるんじゃないかな。(2008.6.24)

« スイカでポン!であります | トップページ | ケロロランドとかであります »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 妄想劇場 ~それだけは見ないフリ~:

« スイカでポン!であります | トップページ | ケロロランドとかであります »

妄想メイツ☆

  • Mosomate

    ケロロ軍曹でいろいろ妄想。楽しいわ~v

    妄想の末に書いたケロロSSはこちら→ 妄想劇場INDEX

WEB CLAP

  • 楽しんでいただけましたら、ぽちっとお願いします↓
    管理人の励みになります。

    久々にお礼画面のSSを更新しました。(2011.8.7)
    ほのぼの(?)クルケ口話。

リンク

  • FW

    HALCYON

    カエルドラッグ

    フェティッシュな生活

    キャラメルボックス

    有色の別室

    サイコロコロ

    Delight-log

    27.3℃

    ケロロえほん

    RED.log


    当サイトのバナーをもげさんが作ってくれました~!Thanks!
    Kerotto

    リンクフリーです。
    URL:http://kerotto-life.cocolog-nifty.com/
    管理人:けろっと
    連絡先:kerottomom☆yahoo.co.jp
     (☆→@) 何かありましたらこちらへ