もろもろレビュー

2013年11月14日 (木)

「大奥」10巻

よしながふみさんの「大奥」ずっと楽しみに読んでます。
で、とうとう10巻。
えーと、まだ読んでない方への配慮はないです。ネタバレ感想!

色の違いや強弱はあれ、今までずっと男女の情念とか想いとかそのへんがメインに描かれてきたと思うんだけど、吉宗以降だんだん変わってきました。
今回は、色恋沙汰が一番薄いエピソードだったと思う。
源内と青沼、そして田沼意次を中心とした、人と病の戦いの話。
男女逆転大奥の発端でもある赤面疱瘡に勝つ方法にたどり着くまでのエピソード。

帯の「人は、病に、勝てる。」って煽り文句が本当に泣ける。
単に感動して泣ける、って意味じゃなくて。
最後まで読んで「ああ、病には勝てても…」ってやりきれなくなる。
人は人の悪意には勝てないのかって。

人の悪意、欲望、嫉妬、そういうと特別な悪人のものみたいだけど、そうじゃなくて。
ただただ平和に幸せに暮らしたいって願う庶民、自分の子だけは守りたいって思う母親、自分が信じる方法で世直しをしたいって思う権力者……普通の人の生み出す悪意というか「負のパワー」が恐い。
治済はわかりやすく裏がある人だけど、彼女だけじゃなくて、自分の思いどおりにならないと簡単に誰かを恨み陥れる普通の人々が一番恐い……ってエピソードでした。

昔「賄賂政治」とセットで覚えた田沼様が立派な人に描かれててしみじみした。
で、田沼の後に老中となる定信もすぐに「白河の清きに魚もすみかねて もとの濁りの田沼こひしき」とか言われちゃうんだよね……何とも。

青沼と源内が本人なりには満足して死んでいったのがわずかな救いでしょうか。
最後の黒木の叫びと慟哭が何とも切なかったです。

子沢山将軍、家斉はどう扱うのかと思ったら、なるほどここで男子に戻るわけですね。確かに、女将軍で何十人もは産めないわ。

最後まで読んでから、表紙を見るとまたちょっと胸にきます。
赤面疱瘡と戦った人々が皆、満足そうに笑っている絵。くるなあ……。

2013年11月12日 (火)

森へ行こう

あんまりゲームをしない(できない)私ですが、息子に誘われて「とびだせ!どうぶつの森」やってます。
村長は息子。とっても平和なゲームですね。
スピード勝負じゃないから、とろい私でも大丈夫~。

大きなイベントとかドラマチック展開とかスピードアクションとかないんだけど、癒されます。
好きなもん集めて、好きなように話しかけて、好きなだけうだうだするだけ。
最近は喫茶ハトの巣でバイトするのが楽しいです。

息子とはよく(森の世界の)カブの売り時の話をします。
「今日はカブいくらだった?」「たぶん今が売り時だよ」的な。
知らん人が聞いたら何だ?と思われそう(笑)

森の住人はいろいろいるんですが、マイク(カンガルーw)が好きです。
皆に同じように接しているつもりだったのに、いつのまにかマイクばかり家に遊びにくるようになってしまった。無意識にひいきしてたらしい。

あと、リアル我が家の断捨離に疲れたので(片付かない!)、森の世界で断捨離してみました。
いいよな……森は。いらないものは皆、R・パーカーズ(リサイクルショップ)で引き取ってくれるし。
どんな大きなものでもタンスに仕舞えるし。
リアル我が家の近くにもR・パーカーズ出店してほしい。

やってない人にはわけのわからん話ですみません。
皆様も現実逃避にはどうぶつの森。癒しにどうぞー。

2013年11月 8日 (金)

4コマに涙した

「男女の友情は成立するのか」っつー命題が昔からあるじゃないですか。
うん、そこは、あることにして。

いろいろご意見はあると思うんですが、私は「ないとは言わんが、いつ恋愛に転んでもおかしくない不安定なもの」と思ってます。
何でかっていうとね、「やだなあ、ただの友達ただの友達、うん大事な友達だけど恋愛感情はぜーーーったい無いって!」とずーーーっと言い続けて何年も何年も経って何か知らんけど結局結婚して今は幸せでしたとさ……というケースを身近で3組くらい知っているからです。
まあ、その3組とも「恋愛感情はない!」発言は女性のものだったので、男性側がずっとどう思ってたかはわからないけどね。
でもさー、最高の親友がいて、それが男女なのだとしたら、最高のパートナーにだってなれるんじゃない?

なーんてことを何で突然言い出したかっていうと、すみません、漫画の話です。
私、昔から4コマ漫画が好きでして、一時は4コマ誌を月4冊買ってました。
今でも好きな作家さんのセレクションとか見かけるとちょいちょい買って読んでるのね。
で、最近読んだおーはしるいスペシャルの「わくわくワーキング」の中野さんが、不憫で不憫で思わず涙してしまったわけです。
もう、歯止めとか考えなくていいから……好きな女に天然美人局レベルのことされて、手を出さないとか、もうね……(涙)

この作品は前から知ってて、連載誌を買ってた頃から中野さんは「好きなんだけど報われなくて可哀想」キャラだったわけですが。
久々に読んだら、さらにパワーアップしてて「報われなさすぎて心がえぐられる」キャラになっていました。何やってんの、中野……(;´Д⊂
できる男、メガネ、一途、口悪い、優しい、そして(好きな女にだけ)ヘタレ!
主人公みおさんへの献身ぶりと自虐ぶりが涙なくしては読めません。

ご存知ない方にざっくり説明しますと、主人公・松崎みお(29歳)はサイガーマート初の女性営業主任で「鬼の松崎」と呼ばれるバリキャリ、なんだけど、実は部下である癒し系新人・高沢くん(22歳)に片想い中の純情ヲトメ。
で、その主人公と同期で同じく営業主任の中野(29歳)は、実は新入社員時代から7年間みおに片想い、なんだけど口には出さずライバルだったり親友だったりの位置でそっと彼女をフォローし続けているという役回りです。バカな子!
40までお互い独り身だったら結婚とか約束してるの!そこはせめて35にしとけよと。

みおはもう完全に中野のことは男扱いしてないんだけど親友なわけですよ。
だからさー、ある日突然「親友ポジ」から「恋人ポジ」に変わったっていいじゃん!現実世界だったらそんなこといくらもあるんだし!と思った次第であります。

まさか久々に熱く語りたくなった漫画が4コマとは思わんかったわ。
ああ、中野に幸あれ……!(頼むよ、おーはし先生!)

2013年10月21日 (月)

「謝罪の王様」

私にしては、ちょっと映画づいていまして、気になってた「謝罪の王様」も先日見てきました。

何というか……本当にアホでアホで面白かった。
んなわけあるか!とつっこんだら負け、って感じで本当にもう、何なのこれwww

東京謝罪センター所長「謝罪師」の阿部サダオさんがいろいろな依頼人に謝罪をレクチャーするんですが。
オムニバスなのかなーと思ってたら、どっこい全部、ぜーーんぶつながってるという。うまくできてて楽しい。

所長は謝罪のスーパープロ!って感じなのかと思ったけど、そこまで長い経験があるわけじゃないのね。
ただ謝罪に関する思いが人一倍強いという。
恐い人達やセクハラ謝罪まではともかく、国際問題まで謝罪センターに任せていいのかよ!

岡田将生くんが、すっっごく軽くてすっっごくバカな「残念なイケメン」そのものの役で残念すぎて可愛かったですw
いや、彼にかぎらず皆全般的に残念で可愛い人々の話なんですが。

実はこの映画を見た直後くらいに、例のみずほ頭取のお詫び会見をテレビで見まして、20秒数えて頭下げてるのかなーとか思っちゃいました。不謹慎ですみません。
(ちなみに後でニュース記事見たら、本当に約20秒頭を下げてたようです。恐いくらいのシンクロですがな)

2013年10月17日 (木)

「暗殺教室」6巻

おおー、もう6巻かー。
正直、5巻ほどテンションが上がったわけではないんですが、やっぱり面白かったです。
烏間先生があんまり活躍してなかったのが残念ですが。
ここに来て理事長息子とか出てくるんだ。
あと、A組メンバーがやばい。おまえの方が犯罪者予備軍だろ、みたいなキャラw

この調子で生徒一人一人にスポットを当てて、最後にそれぞれの役割がピタリとはまる……みたいなE組の活躍が見られると嬉しいな。
ただ、その時の「敵」が殺せんせーなのか、また別の相手なのかは謎ですが。
ネウロで、普通の人間である警察の人々が努力して活躍して負けなかったのがすっごくかっこよかったから、普通の生徒達のかっこいいところ見たい!

でも、今回ちょっと考えちゃったけど、殺せんせーの一番の弱点てやっぱり「生徒」だよね。
上の人達がなりふり構わなくなってこの弱点に気付いたら、逆にE組の生徒を人質に取られてしまいそうな気がする。全人類のために犠牲もやむを得まい、とかありそう。
で、ここで初めて理事長と殺せんせんーが手を組むんだよ、いやん素敵(妄想です。理事長やなヤツなんだけど最後の最後は筋を通しそうだから)。

殺せんせーの過去、いつ頃描かれるんだろう。楽しみー。

2013年10月15日 (火)

今さらだけど「風立ちぬ」

先日、今さらですが「風立ちぬ」見てきました。
まだやってて良かった。

面白かった、けど……最後に「え?これで終わり?てか終わったの?」って感じでした。
戦争そのものを大胆にすっとばしてるんだよね。ちょっとズルいって最初思ったんだけど。
でもこれ、たぶん戦争映画じゃないんですね。描かれてる時代が時代だから先入観があったんだけど、違うんだな。

ジブリの中では「紅の豚」をちょっと思わせました。飛行機大好き野郎どもとそれを支えるいい女の物語。
(次郎さんはちょっとふわっとしててポルコとはまたタイプ違うけどさ。)
菜穂子さんも病気の身体で精一杯に次郎さんを支えてる。
黒川婦人は本当に肝が据わっててかっこいいし。
次郎のお母さんも素敵な人。

ちなみに私は、次郎さんより彼の傍らにいる黒川さんや本庄さんが好きです。
かっこいー。次郎さん愛されてるなあ。

きっと「風立ちぬ」は宮崎監督の理想の世界なんでしょう。
好きなことを好きなように好きなだけやりきって認められる男。
それを全て受け止めて影に日向に支えるいい女達。
そして同じものに夢中になり、ともに人生をかける素晴らしい仲間達。
戦争映画じゃなくて青春映画。

2013年10月 8日 (火)

「進撃の巨人」のこと

息子ネタでちょっと書きましたが、「進撃の巨人」読んでます。
もともと息子が買い始めた漫画で、買うたび一応借りて読んでたんだけど、その時は正直そこまで面白いって思ってなかったです。

アニメ化ですっごい話題になって、普段漫画なんて一切読まないようなママ友まで「面白い!グロいのにやめられない」って言い出したので、そうかなー?ともう一回一気読みしてみたんですわ。
そしたら、はまった。
一気に読むと、話の流れも頭にすっと入ってくるし、それぞれのキャラクターにも愛着がわいてくる。
初めは読み飛ばしてたような描写やセリフも、後の巻でのネタバレを知って読み返すとまた違って見えてきて面白い!

アニメもいいけど、原作の変な空気が好きです。
あまりにさらっととんでもないことが書いてあって、ギャグのつもりのギャグなのか、真剣な展開がギャグになってるのか、もはやわからないw
がんがん新たな事実が出てきて、つづきが超楽しみです!
もはや、登場人物全員がキーパーソンに見えてきたよ。104期やばすぎだろ。

ご多分に漏れず(?)リヴァイ兵長とリヴァイ班の皆が好きです。
幼なじみ3人組は勿論大好き。怖いくらいの絆!
腹筋ばきばき男前ヒロイン、ミカサがたまりません。最強で最恐ですよ。強すぎ、怖すぎ!
あと、アルミンの成長っぷりがやばい。
そして愛されすぎエレン。

アニメ終わっちゃって残念です。
でもこれだけ人気あったら、2期もあるよね。
最終回、ここで一度終わらせるためにはしょうがなかったんだと思うけど、ハンジさんと司祭の対決が削られてたのが超残念。好きなシーンなのに。ハンジさんかっけーのに。

今でもケロロ放映中だったら進撃パロもやってくれたかなーとかちょっと思いました。

2013年9月11日 (水)

「暗殺教室」5巻

「暗殺教室」も読んでます。
息子が自分で買い始めたので、読ませてもらったらなかなか面白い!

「暗殺教室」っていう不穏なタイトルの割に、しっかり先生と生徒の絆が描かれている。
殺せんせーが素敵です。
地球を滅ぼそうっていう超生物なのに、生徒達の暗殺対象なのに、誰より信頼できる先生って何だそれ。
金八先生に負けないくらいには生徒の心をつかんでおります。

題材は「暗殺」だけど、ちゃんと学園ものであり、教師ものであり・・・
今は奇妙なバランスのうえに成り立っている殺せんせーとの信頼関係ですが、話が進んでいくとどうなるんだろうっていう疑問。
心情的にE組の生徒達は殺せんせーを殺せるのか?
そして殺せんせーは生徒達を含む地球を本当に滅ぼせるのか?
落としどころが気になりますが、きっと松井先生なら考え尽くされたラストがあるはず!と思う。

1~4巻もまあ面白かったんですが、開花の5巻でやられた。
渚くんが「獲物」をしとめるシーンばかり何度も読み返してしまいました。変態か。
非日常の中で生徒達の最低限の権利(報酬?)を守ろうとする烏間先生もかっこいい人です。

暗殺教室に萌えて、その後私は文庫版ネウロを大人買いしてしまいました。
好きだ、ネウロ!またそのうち語ります。

2013年9月 7日 (土)

「舟を編む」

今更ですが、三浦しおんさんの「舟を編む」を読みました。
よかった。すごくよかった!

映画化して話題になった頃に買ったんだけど、忙しくて手付かずのまま忘れてました。
ふと思い出して読み始めたら夢中になって、あっという間に読んじゃった。

物語は、「大渡海」という新しい辞書ができるまでの辞書編集部の人々を中心に描かれていきます。
仕事を愛し、言葉を愛し、人間を愛する、不器用でまじめな人々の愛すべき日常。
大きな事件が起こるわけでもなく、とんでもない大どんでん返しがあるわけでもない。
それなのに、淡々と描かれたそれはとてもまぶしくて、何だか読んでいて泣きそうになってしまいました。
西岡さんが馬締くんに感じた気持ちに近いのかもしれません。
そうはいっても、私にとっては西岡さんもまたまぶしい人々の一人なわけですが。

私も仕事はしていますが、仕事が好きというわけではありません。かといって嫌いというわけでもありません。
無事に一仕事終えれば満足するし、うまくいったと感じた時は素直に嬉しいですよ。
でも仕事は生活の糧であり、それ以上でもそれ以下でもない。
ただ、お給料をもらっているからには、まあできるかぎりきちんとやりたいし、少なくとも給料泥棒と言われない程度の勤めはしたいというだけ。
そんな自分の考え方はこれからも変わらないと思います。

だけどね、この物語に出てくる、自分の好きなことを仕事にしている人々が、仕事に人生を捧げられる人々が、まじめにまじめに喜びをもって舟を編んでいる人々が、とてもまぶしく思えたのです。
自分はそのようには生きられないけれど、そんな人々を愛おしいと思いました。
「大渡海」の完成を待ち、それに携わる馬締くん達を応援する気持ちで読みました。
「大渡海」が本当にあったら絶対買うのにな。

映画「舟を編む」もアカデミー賞外国語映画部門の日本代表作品に決定したとか。
うわー、公開時に見とけばよかった。今度見よう!ぜひ見よう。

2013年9月 1日 (日)

「信長協奏曲」9巻

以前もこのブログで触れたことがあったかどうか記憶が定かでありませんが、「信長協奏曲」にはまってます。
平凡な高校生・・・いえ、フツーよりだいぶちゃらんぽらんで歴史嫌いな高校生サブローが戦国時代にタイムスリップして、自分と同じ顔をした信長の身代わりとして生きるというお話。
だいたい予想がつくっちゃーつく話のはずなのに、絶妙な力の抜け具合やキャラクター設定が、いい味を出していて何度読んでも面白いです。
ヤングまで出てくるんだぜ!

戦国ものですから、今後の展開はある程度わかっているはずなのにわくわくします。
悪役(ヒール)が秀吉で、○○が光秀だとか、もうね!

9巻は浅井家滅亡のくだりがメイン。
この頃になるとサブローも戦国時代にきて何十年ですから、もうすっかり信長です。
タイムスリップものっていうより、割と正統派戦国漫画っぽい。
たまにサブローが「このチャンスを逃す気なんかないのだよ」とか「物事にはタイミングってあるから」とか言って、周囲を「ちゃんすとは何にござる?」とか「たいみんぐ・・・?」とか困惑させてるくらい。
でも「でえと」という言葉が定着したくらいですから、「ちゃんす」「たいみんぐ」「ぱーせんと」くらい、「殿が使う独特の言葉」としてもう周りも把握してそうなもんですが。

お市の方の人生を史実として知っているはずなのに、それでも一瞬、この「おいっちゃん」は長政と逝くのか?!と思っちゃいました。
思っちゃいましたが、そこでサブローが呼んじゃうんだもんね。空気読んで!いや、読んだからか。
私は「2度は見誤らんよ」の細川さんが結構好きなので、9巻の黒細川にはゾクゾクしました。いいよいいよー。

本能寺の変まで目が離せません。このメンバーでどう料理するのよ、本能寺の変!
あいださんははたして来るのか(笑)

妄想メイツ☆

  • Mosomate

    ケロロ軍曹でいろいろ妄想。楽しいわ~v

    妄想の末に書いたケロロSSはこちら→ 妄想劇場INDEX

WEB CLAP

  • 楽しんでいただけましたら、ぽちっとお願いします↓
    管理人の励みになります。

    久々にお礼画面のSSを更新しました。(2011.8.7)
    ほのぼの(?)クルケ口話。

リンク

  • FW

    HALCYON

    カエルドラッグ

    フェティッシュな生活

    キャラメルボックス

    有色の別室

    サイコロコロ

    Delight-log

    27.3℃

    ケロロえほん

    RED.log


    当サイトのバナーをもげさんが作ってくれました~!Thanks!
    Kerotto

    リンクフリーです。
    URL:http://kerotto-life.cocolog-nifty.com/
    管理人:けろっと
    連絡先:kerottomom☆yahoo.co.jp
     (☆→@) 何かありましたらこちらへ