妄想劇場 ~Welldone~

「本当にすまん・・・迷惑をかけた」

「牛騒ぎ」の翌日、ギロロはもう一度私に頭を下げに来た。

「いいわよ、別に。アンタだって好きで牛になったわけじゃなし」
「だが、おまえを危険な目に遭わせてしまった」

侵略者のくせに、律儀なヤツ。
だから私は、どこかでこいつを信用しているのかもしれない。

ずっと心にひっかかっていた疑問が、ぽろりとこぼれ落ちる。

「・・・アンタ、侵略しなくていいの?」

ギロロは一瞬、呆気にとられたように目を見開いた。

「侵略していいのか?」
「ダメに決まってるじゃない」
「は!・・・だよな。だが侵略はさせてもらう」

本当に?こいつにそれができるの?


―――不思議だ・・・お前になら喰われてもいい・・・。


鮮やかによみがえる、牛になったギロロの言葉。

あの時、思ったのだ。
圧倒的な科学力を持つ彼らがこの星をいまだに侵略できないのは・・・
少なくとも、こいつが侵略の手を最後の瞬間ゆるめてしまうのは・・・

私のせい、かもしれない。

「・・・ごめんね、ギロロ」

ギロロが不思議そうに首をかしげる。

「夏美・・・? 何故、おまえが謝る?」
「何となくよ」

そのまま彼をひょいと膝に乗せ、抱きしめた。

「なっ、なな、何をする?!」
「別にいいでしょ、取って喰いやしないわよ・・・・あ。 喰われても、いいんだっけ?」
「なっ、何をっ、はなっ・・・はなせ、夏美・・・おいっ!?」

目を白黒させながら、あわあわと言葉にならない言葉で訴え続けるギロロ。
これ以上、抗議の声を聞くのも面倒くさくなって、その口をふさいでやった。

顔が近付いていく間の、不思議なものを見るような表情。ああ、あの時と同じだ。


―――お前はいったい・・・俺の何だ?


こっちが聞きたいわよ。アンタ、私の何なの?

唇が触れた瞬間、ボン!と音がして。
いつもの100倍も赤くなったギロロは、プスプスと煙を出して動かなくなった。

「・・・あらやだ、ウェルダン」

やりすぎたかしら?
意識のないギロロを指でつつく。反応なし。・・・やれやれ。

「あーあ。これじゃ食べられないじゃない」


FIN


「10年目のギロロと夏美」祭り内「うしまつり」に投稿したもの。原作の丑長話の後日談。
ほんのちょびっとだけ修正して忘れた頃にUPしました。丑長話、大好きです。
ギロロも夏美もかっこよくて、ドキドキする。「喰われてもいい」と「ごめんね、ギロロ」にきゅんとしたんだ!(2011.1.23)


妄想メイツ☆

  • Mosomate

    ケロロ軍曹でいろいろ妄想。楽しいわ~v

    妄想の末に書いたケロロSSはこちら→ 妄想劇場INDEX

WEB CLAP

  • 楽しんでいただけましたら、ぽちっとお願いします↓
    管理人の励みになります。

    久々にお礼画面のSSを更新しました。(2011.8.7)
    ほのぼの(?)クルケ口話。

リンク

  • FW

    HALCYON

    カエルドラッグ

    フェティッシュな生活

    キャラメルボックス

    有色の別室

    サイコロコロ

    Delight-log

    27.3℃

    ケロロえほん

    RED.log


    当サイトのバナーをもげさんが作ってくれました~!Thanks!
    Kerotto

    リンクフリーです。
    URL:http://kerotto-life.cocolog-nifty.com/
    管理人:けろっと
    連絡先:kerottomom☆yahoo.co.jp
     (☆→@) 何かありましたらこちらへ